おいしければいいんじゃない

家庭科はいつも3&不器用な主婦が、ネット上から拾い集めたレシピを試作。結果と感想を綴っています。

【FP使用で、ひき肉作りから】お弁当に手作り鶏だんご

f:id:asakawada77:20170321230654j:plain

2017年3月のいつだかに鶏だんごを作りました。

コストコの鶏胸肉がまだたくさんある。いつもの白ごはんさんで何が作れるかなと見ていたら鶏だんごいいなと。照り焼きは弁当にいいよね

www.sirogohan.com

 うちでは鶏挽き肉は「鶏胸肉」をフードプロセッサー(以後FP)でウイーンとやって作ります。そのほうが安くできるからです。

今回は分量をレシピの半量で作りました。白ごはんさんの(上のリンク)ページ下に補足に半量の時の分量が載っています。

ひき肉づくりの前に、昆布出汁を1L作っておきました。

鶏ひき肉をつくります「ウイーンってやるだけだべね」

▼写真はひき肉に酒以外の調味料を加えた後の写真です。

f:id:asakawada77:20170321231859j:plain

鶏胸肉をざく切りして、FPでウイーンとします。ミンチ状に。

手作りソーセージの時も、FPでミンチを作ります。液状になったことはないんですが、私は粗めで止めることが多いです。

 

手作りひき肉を使って鶏だんごのタネを作ります

  1. 塩を加えてさらにウイーンします。捏ねるのが正式かと思いますが、今回は急ぎ。
  2. 粘りが出てきたら、卵・みじん切りねぎ・醤油・片栗粉・しょうが汁を加えて更にウイーン
  3. ボールに移して、最後に固さを調整しながら酒を加えます。また混ぜます。

昆布出汁で茹でます「茹で汁がそのままスープになるなんて!」

30分程昆布をつけておいた水を火にかけます。ゆっくり昆布出汁をとりました。

昆布を取り出したら、団子を茹でます。

f:id:asakawada77:20170321233808j:plain

  1. 左手に油を塗りました(書いていなかったけれど、くっつくので)
  2. 油を塗ったスプーンでタネをとり、左手に握ります。
  3. 握った時に親指と人差し指の愛だからぷくっと出てきたタネをスプーンの裏(外?)側でカットします。丸い感じになります。
  4. お湯に入れます。
  5. 最後の団子を入れてから10分茹でました。(レシピでは7分〜9分)
  6. お湯からあげたら、バットで冷まして完成。

3ですが、タネをスプーンの表側(食べ物を普通に掬う方)でカットしていると、形が崩れ、結局スプーンで掬ったみたいな潰れた形になりました。試しに裏返してカットしたら、丸くなりましたヽ(^o^)丿

f:id:asakawada77:20170321235029j:plain

茹で汁はそのまま少しだけお醤油とオイスターソースを足して、しめじともやし、卵を加えてスープに!

この日、我が家は鶏だんごにはありつけず、スープのみを食しました。鶏だんごは翌日の弁当(豪華版へ)

 

作っての感想「安い鶏胸肉でも美味しいおかず×2になるのねえ」

レシピには「鶏ひき肉(もも)」って書いてあるので、多分もも肉で作るともっとジューシーなんだと思います。が、さっぱりして美味しい鶏だんごができました。

大葉もいれてみたいです。

これまで、材料全部入れてウイーンってやっていましたが、今回は塩とひき肉だけで先に粘りが出るまでやりました。でも、あんまり違いは分かりませんでした。

 

大急ぎで作ったので、生姜も絞らずそのまま入れたり、丁寧に作れませんでしたが、

それでも美味しかったです。

何より・・・・スープが(・∀・)イイ!!!鶏がらスープの素を使わずに、鶏出汁のスープが飲めるの嬉しいです!

 

コストコの鶏胸肉はピンクでした。

 コストコの鶏胸肉は実家の母が絶賛していたので、気になって買いました。

北海道産の「ホワイトチキン/日ハム」っていうのをよく買います。私が買うところでは100g40円程度なので、さくらどりが特別お安いとは感じていませんでした。が、この鶏肉は、良いです。プリンプリンで鮮度がいいのが素人目にもよく分かります。

costcotuu.com

 

 

◯おまけ◯

気になっていた「白ごはん.com」の冨田ただすけさんの本です。

結局Kindleで読みました。これはですね、紙媒体で欲しいです。

調べるための本としてでなく、眺めるのも楽しい本です。

「今日何にしよう」って開いて、「あー、これもあれも美味しそう。作りたい。」って思うやつです。「明日にこれ、明後日はこれで」ってしばらくのメニューがぽんぽん浮かびます。