読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしければいいんじゃない

家庭科はいつも3&不器用な主婦が、ネット上から拾い集めたレシピを試作。 結果と感想を綴っています。

【初挑戦】手作りでおはぎを作ったら、おはぎを見なおした

f:id:asakawada77:20170318223933j:plain

平成29年3月17日(金)は初めておはぎを作ってみました。

春彼岸のお墓参り用に、お供え買っといてって。あるもので作れないかなと思ったら丁度あんこもきなこももち米もあったのでレッツトライ。

でも、実はおはぎは好きじゃない。米粒とあんこ・・・なんか嫌。

▼参考はこちらです

cookpad.com

この方はあんこをとても大切に作っていらっしゃるそうです。今回は先日炊飯器で作ったあんこを使いました。(まだ、傷んでいませんでしたよ)

 

苦手なおはぎを作ってみよう、でもあんまり気乗りしない

今回の材料・分量

  • もち米2カップ、白米1/2カップ
  • 水 2と1/2カップ
  • あんこ、きなこ(塩・砂糖)計っていません

▼炊きあがった米たちをすり鉢にあげたところ

f:id:asakawada77:20170318224848j:plain

もち米と白米を水を計量→米を合わせて洗米→水と合わせて炊飯器にて30分吸水→普通炊飯

f:id:asakawada77:20170318225713j:plain

熱いうちにすりこぎで突いていきます。どんどん粘りが出てきました。米粒っぽさがあまりのこらないように、結構しつこくつきました。

好みの感じになったら、一旦置いておいてあんこを丸めます。作るおはぎと同じくらいの餡玉と、その半分ほど餡玉を作りました。数はほんとうに適当。家族人数分あんこおはぎ用、残りはきな粉用。

あんこを丸め終わったらもち米が冷めているので、もち米も丸めます。

▼整形準備完了(きな粉:砂糖:塩=4:1:0.5)

f:id:asakawada77:20170318230431j:plain

この後、丸めていきました。山にしたもち米はややひっついていました。

きな粉用の餡は、もち米の半分の大きさを目指しましたが、多くて包む度にはみ出ましたので、ちょっと小さめの方がよかったです。

あんこのおはぎは、あんこをコーティング。下手でもそんなに目立たない(・∀・)

▼きな粉用にあんこをいれたものの、閉じ方がわからず、餃子のように。

 その後丸めました。

f:id:asakawada77:20170318231333j:plain

▼餃子型のあとに、丸めたもの。きな粉をつければブサイクも治りました。

f:id:asakawada77:20170318231806j:plain

▼完成ヽ(=´▽`=)ノ

f:id:asakawada77:20170318231251j:plain

おはぎを作ってみての感想「米の粒が気にならんぞ!!!」

 おはぎって視覚的に米粒が見えるのがダメだった気がします。米って分かったらあんこの味と合わせたくないというか。

潰し具合が調整できて、米粒はあるものの目立たない状態だからか・・・

単に、米がいい具合に準備出来たからか・・・

今までに無いほどおはぎに好意をもちました。「あら、おいしい」と。米の味を楽しめた感じがします。

特にきな粉は、塩多めでしょっぱ目なのであんこの甘さとピッタリのバランスでした。

これなら、年に2度作ってもいいかなー。

ちなみに、翌日チンしたんですが、味がしっかり落ちていました。全然ちがうなーってみんなで言いながらも完食。ごちでした。

 

小豆は、音更のもので義母から頂きました。

JAおとふけ:小豆

300g入の袋だったと思ったので調べたら、画像がなかったです。でもこんなのありました。

30kg入の小豆・・・個人で買う人いますか?アマゾン・・・これ買う人いるの?

お店の人は多分ネットでは買わないと思うんだけども。

(;・∀・)!! でも残り1点になってたど。

▼もち米は、やっぱりはくちょうもち(ホクレン

 はくちょうもちって、商品名かと思っていました。実はお米の名前なんですね、「ゆめぴりか」みたいな。